巻物

凍えそうな月曜の昼は外へ

あの日の戦いは虫たちに迷惑だった

生きていく上で、「野菜ジュース」の立ち位置ってどうなんだろう。関係ないと思える?「ゲーマー」は、君にとって何なんだろう。

ホーム

具合悪そうに叫ぶあなたと穴のあいた靴下

ほほえみって素敵だなーと感じるので、なるべく笑顔でいれるようにしている。
なるべく、時と状況と見て。
でも、周囲にそんなものだと強制してはダメ。
つまり、一括では言えないけれど自身の考えとして。
先ほどまでシリアスな表情で必死で商談を行っていた人が、ほころばせた瞬間。
すごーく大好き。
目じりにしわができる人がタイプ!とよく言う学生時代の友人。
気持ちも分かるかもしれない。

陽の見えない木曜の午後に昔を思い出す
ある寒い日の午後、少年は母親からおつかいを言付かって、ハクサイとねぎと豚肉を買いに行くところだった。
少年はこっそり笑った。
今夜はお鍋だ!わーい!…と。
だが、彼への試練は次の瞬間に起きたのである。
なんと、ポッケに入れていたおつかいのための2千円が、無くなっているのだ!
少年はスーパーマーケットの支払い所に並んでいる時、まさかとは思っていたがポッケの中に手を突っ込んで確認してみたのだ。
そしてその瞬間、お金がないことに気づいたのだ。
怒られる覚悟を決め、少年はしかたなく手ぶらで家に帰ることにした。
次から、お金はクツの中かくつ下に入れとこう。
少年は悔し涙を浮かべつつ、そう決意した。

よく晴れた大安の夕方はカクテルを

昔からお肉をそこまで好物ではないおかずはどうしたって魚介類メインになってくる。
なので、例年の、土用の丑の日は、自分にとっての行事だ。
関東で鰻を開くときには、背開きという習慣がある。
どうしてか話すと、かつて武士の文化だったので、腹開きといえば切腹に通じてしまい縁起が悪いため。
それに対して、関西地方で開く分には、腹開きの場合が一般的。
それは、西の方は商人の町なので、腹を割って話そうと言う意味につながるから。
しかし、自腹を切るという言い方にも通じるので、場合によってはタブーな場合も。
それは、西の方は商人の町なので、腹を割って話そうと言う意味につながるから。
しかし、自腹を切るという言い方にも通じるので、場合によってはタブーな場合も。
この話は、バスガイドの正社員で働いていた時に、毎回、観光客にしゃべっていたお話です。
新宿駅からスタートして、静岡の浜名湖や沼津や三島へ鰻を食べるために行くという内容。

風の無い土曜の午後に読書を
南九州に定住してみて、墓前に日ごとに、切り花をなさっている人が多いことに面食らった。
50〜60代の主婦の方は、いつも、墓所に草花をなさっていないと、周辺の目が心配らしい。
日々、お花をなさっているから、毎月の切り花代も非常に大変らしい。
毎日、近所の老齢の女性は墓所に集まってお花をあげながら、おしゃべりもしていて、墓前のどよんとした空気はなく、さながら、人がひしめく児童公園みたいに明るい空気だ。

夢中で踊る彼女と観光地

今日の体育はポートボールだった。
少年は、ボールを使ったスポーツは苦手だったので、不機嫌そうに体操服を着ていた。
今日はきっと、運動神経のいいケンイチ君ばかり活躍するんだろう。
おそらく今日は、運動神経抜群のケンイチ君ばかり活躍するはずだ。
だとしたら、少年憧れのフーコちゃんも、ケンイチ君がヒーローになるところを見るなるのだろう。
少年は「やれやれ」と言いながら、運動場へ向かった。
でもフーコちゃんは、ケンイチ君ではなく、少年のことをチラチラ見てたことを、少年は気付かなかった。

蒸し暑い土曜の日没は昔を思い出す
防波堤の近くに私たちは、住んでいるので、津波を親が懸念している。
特に大地震後は、家がどのくらい海から隔たっているのかとか丘は近辺にあるのかとか言ってくる。
私たち家族だって恐れているだけど、しかし、うまく新しい家も見つかるわけではない。
だけど、確かに大津波がやってくるとなってしまった時にのがれる道のりを思い定めていないとと考える、だけど、しかし、海の横しか高所へ行く道路がないので、今更ながら、考えたら怖いと理解できた。

じめじめした金曜の夜明けに読書を

普通、家で個人で行えるような業務をして、たまに声があるとプロジェクトでの仕事に出る。
たった、稀にだけど、まじで面倒くさく思えて仕方ない。
ここまで嫌なら辞めてしまおうなど。
行けば頑張るけれど、大勢のメンバーにはさまれて、チームで業務を行うのは気疲れする。
なんて、母に話すと、言いたいことは理解できるけど、と豪快に笑っていた。

ぽかぽかした木曜の晩はこっそりと
驚かれるが、私の部屋は、冷房も暖房器具もないようなところだ。
だから、扇風機と冷やしたボトルを持って勉強をする。
一週間前、扇風機を動かそうと思いつき、弱にしたまま抱えてしまった。
すると、扇風機の歯が止まったので「なんで?」と思い,よく見た。
どういうわけか自分で理解しなかったのが、動きを止めているのは、まさかの自分の小指だった。
恐る恐る抜くと、また元気に回転しだして、指からは出血した。
痛みもなにも感じなかったが、気を付けなければと誓った。

曇っている大安の夕暮れに食事を

ブームが去った今、任天堂DSにハマっている。
はじめは、DS英単語に英語漬けやターゲットのゲームソフトを使用していたのみのことだった。
しかし、電気屋さんでゲームソフトを見ていたら、英語関係以外も気になってしまい、結局購入してしまう。
トモダチコレクションやクロスワード、桃太郎電鉄など多数。
変わったソフトで、中国語講座もヒットしている。
DSは、移動中などの退屈な時間にも有効活用できそうだ。

雲の無い仏滅の早朝は熱燗を
昔、はたちの時、仲良しの3人で韓国の釜山に買い物に向かった。
未経験の海外旅行で、宿にしばらくの滞在だった。
メインをずっと見て、ワクワクしてたけれど、途中で道に迷ってしまった。
日本語は、理解されないし、韓国語も全然通じなかった。
迷っていると、韓国人のサラリーマンが素晴らしい日本語で戻る方法を話してくれた。
働きはじめる前に日本の大学にて日本語の知識習得をしたらしい。
それで、無事、良い韓国めぐりをすることが可能になった。
最終日、駅で道を案内してくれたその人に偶然ばったり会った。
「またきてね」と言ってくれたので、みんなこの国が好きな国になった。
いつも1年に1度は韓国旅行が計画されている。

手裏剣


Copyright (C) 2015 あの日の戦いは虫たちに迷惑だった All Rights Reserved.
巻物の端