巻物

余裕で自転車をこぐあいつと草原

あの日の戦いは虫たちに迷惑だった

「カマイタチ」について本や論文を書くとしたら、どんなことを調べる?「幸せ」の由来や歴史なんかだろうか。もしくは、個人的な考え方からの見解かな。

ホーム

無我夢中で熱弁する君と読みかけの本

家の庭でハンモックに寝転がり、心地よい風に身を浸していた、休日の夕方の事。
空にはゆったりと雲が流れていた。少年は、うちのネコが「ニャギャァッ!」という大きな声に仰天して、ハンモックからドテッと落下してしまった。
目を凝らして観察するとうちのネコは蛇と睨み合い、歯をむき出して興奮しながらも恫喝していた。
ヘビはそんなには大きくなくて、毒も持っていなさそうだったので、少年は木の枝を振って追い返し、猫を抱いて再度ハンモックに寝そべった。少年は、ネコの背中を撫でながら胸の上で寝かしつけ、気持ちの良い風に身をまかせた。

蒸し暑い大安の夜にシャワーを
遠くの里方に住んでいる母親もかわいい孫の為だといって、たいそう多くお手製のものを苦労して縫って届けてくれている。
キティーちゃんがものすごく大好きだと話したら、伝えたキャラクターの生地で、裁縫してくれたが、生地の購入価格がすごく高額で驚いていた。
布は横、縦、上下のキャラクターの向きがあって手間だそうだ。
だが、多く、ミシンで縫って作ってくれて、送ってくれた。
孫娘はめっちゃ愛らしいのだろう。

息絶え絶えで歌う弟と暑い日差し

東京都でもはるか昔より有名な町が、台東区浅草。
中でも由緒ある仏様が浅草寺だ。
まさにこの頃、参拝に行った。
久しく来た東京都の浅草参拝。
なおさら、自身の目でちゃんと確認し分かったことが、日本人じゃない観光客がたくさんいること。
各国よりツーリストが来る浅草だが、ちょっと以前より明らかに多くなっている。
おそらく、世界一の電波塔である、スカイツリーが建った関係もあると考えられる。
アジアからは、新東京国際空港ハブ化でアクセスが良くなったという事から、プラス、ヨーロッパ諸国や欧米諸国からは、着物や和装小物に憧れを抱いて来ている旅行客が多数かもしれない。
とにかく、これからの未来もたくさんの外国人観光客がやってくるということを予想させられた。
日本の素晴らしさを見つけぜひ楽しんで心に残る思い出にしてほしい。
私は、仲見世通りをじゅうぶん散策することができた。
お土産に名物の人形焼と、雷おこしをたくさん購入して、櫛やかんざしも観賞させてもらった。
宝蔵門を通過すると、豪華絢爛な浅草寺本堂が見えてきた。
この屋根の瓦は雨に濡れてもさびにくいチタンを使用し、改修工事を行ったそう。
本堂の観音様にお礼と旅の無事をかねてしっかり御祈願してきた。
今年の頑張りが、いつか表れるといいなと。

風の無い月曜の夜に足を伸ばして
取り掛かったら、仕上がるまでに時間がかかるものは、世の中に数多くある。
適切なのが、他言語だろう。
だけど、韓国語だけは例外ともいえるようで、私たちが話す日本語と語順が同じ、SVOで、実は発音がそっくりなので、身に着けやすいと言う。
昔、韓国語を特訓していた友人によると、今から始めても確実に身に付きやすいので飽きないよ、とのこと。
ちょっとだけいいなーと思ったけれど、あの文字は暗号にしか見れない。

どんよりした休日の夜は友人と

鹿児島のお歳をめしたの奥さんは、いつも、切り花を墓所にやっているから、ゆえに、花が多く必要で、花農家も山ほどいる。
夜更けに、バイクで走行していると、電照菊の明かりがしょっちゅう夜更けに、バイクで走行していると、電照菊の明かりがしょっちゅう視野にはいってくる。
民家の明かりはたいそう少ないへんぴな所だけれど、電照菊電灯はちょいちょい視野にはいってくる。
電照菊照明はしきりに視認できても人の通行はとてもわずかで街灯の光もめっちゃほんの少しで、物騒なので、学生など、JRの駅まで迎えにきてもらっている学生ばかりだ。

気どりながら走る子供と冷たい肉まん
蝉ももう鳴いていない夏の晩。
少年は縁側に座り、スイカをかじっていた。
西瓜をかじっては種を庭に向かって吐いていると、ときおり種がうまく飛ばずに、自分のお腹や胸に落ちたりしていた。
横に置いた蚊取り線香の香りと、うちわで扇ぐ暑い夜、それから口に広がるスイカの味。
少年はそれらを堪能しつつ、明日は何をして遊ぼうか、と夜空を見上げた。

風の無い日曜の明け方は足を伸ばして

いつものEくんから届くE−MAILの内容は、何を語りたいのかまったくわからない。
酔ってても酔ってなくてもよく良くわからない。
だけど、Eくんが部署で作成したという、会社の商品の梅干しに関してと、募金に関する文書を見せてもらった。
まともな日本語を書いてる!とびっくりした。

雲が多い大安の夜明けはひっそりと
久しく行ってなかった出張の日、初めて仕事でお世話になったAさんという年配の方は、背の高い男性だ。
初対面で会話をしてから気難しそうで仕事以外での会話は少ししかお話したことがなかった。
この前、ふとAさんの半袖になった大柄な腕をみてかなりびっくりした!
大きめの天然石のアクセが何連も目に入ったため。
思わず、パワーストーン興味があるんですね!と出てしまったほど。
次の瞬間Aさんは得意げに、いきなり子供っぽい表情で、それぞれの天然石の由来紹介してくれた。

怒って話す君と突風

出社のために何枚かスーツに似合うYシャツを所持しているけれど、いつも選ぶ時に何枚も着てみる。
それだけ、かたちにこだわってしまうのも珍しいかと感じていた。
そんな時に、今日、シャツは特注でという方がいらっしゃったので、驚いた。
もちろん、シャツ一枚できまって見えるので、いいかもと考えた。

泣きながら泳ぐあいつと冷たい雨
若いころにものすごく太っていた時に、毎回欠かせなかったのが、ハニートーストだ。
酷い時は、夕飯の終わりに3枚くらい食べた記憶もある。
さらに並行して、ポテトサラダにはまってしまい、巨大化の世界へまっしぐらだった私。
トライしたダイエット方法が変わり種ばかりだ。
例えば、スープダイエット。
これは2週間程同じ材料で作られたスープのみの食事だ。
職場にも水筒に入れて持って行ったという徹底さ。
スープダイエットに断念して、こんにゃくを夕食に置き換えるという痩身法。
全部、今の自分には無謀。
その後、2年ほどで食事を変えると、するすると元通りに。
なんでも時間をかけてというのが間違いない。

手裏剣


Copyright (C) 2015 あの日の戦いは虫たちに迷惑だった All Rights Reserved.
巻物の端